スポンサーリンク

竈門炭吉(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

おそ松さん



竈門炭吉(かまど すみよし)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎の先祖。
戦国時代の人物で、炭焼きを生業としている。山中にあった空き家に妻のすやこと住み着き、ある時人食いの怪物・鬼に襲われるも、その場に駆けつけた剣士・継国縁壱によって救われる。これをきっかけに縁壱と交流するようになり、彼が編み出した身体強化術“日の呼吸”を神楽の形で受け継ぐ。同時に縁壱の不遇な人生を知り、「せめて彼が作り出したものを遺そう」と子々孫々にそれを伝えていった。
Source: RENOTE [リノート]

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おそ松さん
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Anime News.

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました