スポンサーリンク

ローマの休日(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

おそ松さん



『ローマの休日』とは、1953年にアメリカで製作されたロマンティック・コメディー映画である。舞台はヨーロッパ。小国の王女アンは締め付けられた生活を疎み、滞在中のローマでこっそりと大使館を抜け出してしまう。アンは街でアメリカ人新聞記者のジョーと偶然出会うことになる。世界中から高い評価を受けた、身分違いの2人が繰り広げるラブストーリー。主役は名優グレゴリー・ペック、ヒロインにはほぼ無名ながらも今作で有名女優となったオードリー・ヘプバーンが務めている。
Source: RENOTE [リノート]

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おそ松さん
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Anime News.

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました