スポンサーリンク

【小説感想】桐野夏生「柔らかな頬」 自己探求の暗い隘路を描いた傑作。初読のときに「微妙」と思った自分をはっ倒したい。

進撃の巨人



 
www.saiusaruzzz.com
 
この読売新聞の記事に、
「風当たりは強かったですよ」と快活に笑った。
 「柔らかな頬」で直木賞を受賞したときの反響についてこう書かれていたので、久しぶりに読み直してみた。
読み直すのは十ン年ぶりで、大まかな筋と結末は覚えているけれど、細かな筋は全て忘れている状態。
 
note.com
 前回のnoteの記事で「しばらくは余り解釈はしないで、感覚で創作を楽しもう」と書いたので、「柔らかな頬」でそれをしてみようと思った。
 
というのも「柔らかな頬」では、作内で起こった誘拐事件について元刑事の内海が、関係者に「感想」を聞いて回るからだ。
「感想

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
進撃の巨人
スポンサーリンク
saiusaruzzzをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Anime News.

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました