煉獄瑠火(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

おそ松さん



煉獄瑠火(れんごく るか)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼殺隊最高位の剣士“柱”の一員である煉獄杏寿郎の母。物語開始時点で故人である。
代々柱を輩出する煉獄家に嫁ぎ、夫・槇寿郎との間に杏寿郎、千寿郎の二子を設ける。しかし次男である千寿郎が幼い頃に病に倒れ、闘病の末に死去。その間際まで杏寿郎を導き、彼に「弱者を守る」という生きる指針を授けた。一方で当時己の才能の限界と鬼殺隊の未来に絶望していた槇寿郎は、妻に先立たれたことで完全に覇気を失うなど、煉獄家の人間に様々な影響を与えた。
Source: RENOTE [リノート]

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました